ゆとりあるくらし PR

【思考】分かりにくい世の中。もっと分かりやすくならないものか。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「あんたねぇ、怒られてるんだからね。」

図書館から親子が出てきた。母親の言葉だ

女の子は黙っている

少し様子を見ていると

図書館の方に「それはやめてくださいね。」というようなことを言われたらしい。

おそらく、それでもやめなかったのだろう

この場面を見て、私は、「なんか分かりにくい世の中だなぁ」と思った

このお母さん、すてきだな

「やめてくださいね。」

図書館の方がやんわり言ったこの言葉は、大人からしたら「注意喚起」だと分かる

でも、子供からしたら、ちょっと言われただけ、怒鳴られてもいないし、怒られたとは思わないんだろう

私はこの母親はいいなと感じた

子供に、「怒られてるんだからね。」=「それは良くないことだよ。」と教えていたからだ

身近な人が教えてあげることが必要だ

いろんな経験をする中で、きっとこう言ってもらえたことはどこかで活きる

これは、大人の世界にも当てはまるのではないか

私はいわゆる「昔の時代」を知らないが、今は社会でも「怒鳴られること」って減っているんじゃないかと思う

いろいろ問題になっちゃいそうだし?(…他人事みたいですみません)

だから、上司からは優しい口調で言われるが、それは「指導」であったりする

「指導」はただのおしゃべりとは違う。それは分かっているつもり。

でも・・・なんだか分かりにくいなぁ

でも・・・がーって怒鳴られてもへこんじゃうけど。

大人になっても、

「こう言ってるけど、ほんとはこうしてほしいってことだよ。」

って教えてくれる人がほしい

やっぱり経験なのか

成長する中で、意味を理解できるようになると、それらしく振る舞えるようになるのか

まだまだ未熟な私。

考え、行動し、失敗し、また励む

よく「経験」が必要だよ~

っていうけどさ、現状が苦しければ全然その先のことなんて考えられないんです!!

終わりに

図書館での出来事から、考えすぎでしょうか?

なかなか「自分の答え」って見つからないけれど、

それを試行錯誤して見つけていくのが「人生」なのでしょうね

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

p.s.今日の空と鮮やかなツツジです。ぱぁっと明るい気持ちになりますね。

次の記事〉〉〉【思考】車屋の担当者がいい人でした。結局は「人」で買う

ABOUT ME
ココ
本ブログ「ココロのプリズム」を運営。現在はWebライターとして活動中。心と体のケアを大切に、ゆとりあるくらしを目指す。未経験からWebライターへの過程を発信。「一人でも心の健康を大切にする人が増えてほしい」という思いでブログを続ける。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA